和装結婚式の魅力

結婚式で着る和装について

色々ある結婚式で着る和装

最近では、神社で執り行う和装での結婚式を希望する花嫁が増えています。結婚式で着る和装は、白無垢や色打掛が一般的です。他にも引き振り袖や、新和装と呼ばれているドレスに使用するオーガンジー素材の和装もあります。それぞれの特長について紹介します。

●白無垢
神社で執り行う結婚式で着用する和装といえば白無垢のイメージが強いのではないでしょうか。白無垢は和装の婚礼衣装のなかでは、最も格上とされています。白無垢を着用する際は、綿帽子や角隠し、打掛や掛下、帯や小物まで、頭のてっぺんから爪先まで白い衣装に身を包みます。古来よりこの白という色は、神聖な色として扱われてきたといわれています。婚礼で白の衣装を着ることには、「嫁ぎ先の家風に染まる」という意味や「清浄潔白」という意味がこめられています。

●色打掛
白以外の色味のある打掛のことを色打掛といいます。一般的には、赤などの鮮やかな色のものを掛下の上に羽織ります。婚礼の際の赤という色には、「内に秘めた情熱」や「一生懸命にお仕えする決意」をあらわすともいわれています。色打掛は、白無垢と同様に神社などで行なう挙式の際に着用することができます。挙式で色打掛を着用する際には、角隠しを合わせます。綿帽子は白無垢のみに合わせることができるものとされています。

色打掛は、お色直しにも人気があります。挙式では白無垢を着用し、披露宴の際に色打掛に着替える花嫁や、ウェデイングドレスでの挙式に、お色直しに色打掛を選ぶという花嫁も増えています。

●引き振袖
日本では、振袖は未婚の女性の第一礼装とされています。そのため、花嫁によっては結婚式が振袖を着ることができる最後の機会になります。婚礼の際には、通常の振袖を着ることもできますが、裾を引いた引き振袖というものがあります。引き振袖の中でも黒地のものを「黒引き」といい、昭和初期の頃まで花嫁衣装として一般的に着用されていたといわれています。

↑PAGE TOP